音声コード(SPコード)を使用して、目の不自由な人に音声による日常情報を提供しています。

ランプシェード


目の見える人と、見えない人たちが一緒に仲間となって生きがい作りをします。

定例会

この紹介文の画像
SPコード読み上げ器を、市民の協力をいただき購入し、市に寄贈して誰でが使用できる
【開催日時】毎月第一火曜日 午後1時30分より4時まで
【場所】   福生市輝き市民活動センター
 目の不自由な人が一同に集まり情報交換や、音声コード(SPコード)を使用して作成した音声情報を、説明しながら手渡します。
 音声コード読み上げ機器は障害手帳2級以上ですと、価格の1割負担で購入できます。
 手元に読み上げ機器の無い人のにはヘルパーさんが読んで聞かせられるように、資料には漢字文書とSPコードが印刷されています。このようにユニバーサルな情報カードを月々発行しております。
 皆さんの近況や相談・雑談など会合の後のアフターティーには話しに花が咲き、時間をしばしば忘れるときもあります。
 近隣市からも参加され、情報を持ち帰り各地の仲間に情報提供されています。福生からの情報発信基地となっています。
 どなたでも参加できるように全てオープンな運営が特徴です。

ドリーム・サロン

この紹介文の画像
ドリームサロンのひとコマ
【開催日時】毎月第2・4月曜日 午後1時30分より4時まで
【開催場所】ふっさボランティア・市民活動センター内
 パソコン操作を覚えたい人。以前に覚えたけれど忘れてしまった人。
 年賀葉書や暑中見舞いを作りたい人。
 デジカメで撮った写真を文書に貼り付けたい人。
 覚えてもすぐに忘れてしまうい、子供に何回も教えて貰いにくい人になどに遊びながら学んで貰えます。
 目が不自由になってきて、パソコン操作を音声で聴きながら操作を学びたい人。
 デジカメの操作を覚えてデジカメ写真撮影を趣味にしたい人。
 目の不自由な人に音声コード(SPコードやQRコード)を使用して、日常生活音声情報を創りお手伝いした人などの集まりの場です。
 開催時間の中間にティータイムがありコーヒーを飲みながら楽しい話をして充実した時を過ごしませんか。

デジ・カメ愛好会

 パソコンとデジタル・カメラはつき物と言われていますが、デジタルカメラがが良くわからない。昔のカメラとどうちがうの?パソコンに自分で撮影した写真を入れて使いたいなど初心者に向けたお話や、使い方など知りデジタル・カメラを好きになれる集まりです。会員の中に富士山をテーマに撮り続けている人もいます。
 花のアップでマクロ写真に凝って新しい趣味を見つけた方も居られます。あなたは何を切り開きますか。

団体情報

団体名 ランプシェード(らんぷしぇーど)
住所 福生市南田園2-13-1 ふっさボランティア・市民活動センター内
TEL ① ふっさボランティア・市民活動センター 042-552-2122
② 福生市輝き市民サポートセンター4階  042-551-0166
活動日 定例会:毎月第1火曜日、場所は福生市輝き市民サポートセンター4階。
研究・学習&親睦会:毎月第1、第3水曜日は福生市輝き市民サポートセンター4階。
第2、第4月曜日はふっさボランティア・市民活動センター内、掲示板に部屋掲示
営業時間 活動時間:いずれも13:30~16:00
交通アクセス 福生市輝き市民サポートセンターは青梅線福生駅下車、駅隣接の福生市プ チギャラリー内
活動場所2 活動拠点は①ふっさボランティア・市民活動センター
       ②福生市輝き市民サポートセンター4階。