地域福祉権利擁護事業

地域福祉権利擁護事業とは

認知症高齢者・知的障がい者・精神障がい者など判断能力が不十分な方に対して、住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう支援するサービスです。
(物忘れなどがある高齢者や知的・精神障がいのある方など、判断能力が十分ではない、または生活に不安のある方々が、住みなれた地域で安心して暮らせるよう、福祉サービスに関する相談を受けたり、預貯金の払い戻し等の支援や見守りを行う事業です。)

利用できる方

市内在住の認知症・知的障がい・精神障がいなどで、常に自分では十分な
判断をすることが難しい方

サービス内容・利用料

  • 相談受付時間
    月曜日から金曜日(祝日を除く) 午前8:30~午後5時15分
  • 相談は無料です。サービス開始から有料となります
サービス内容
  • 福祉サービスに関する情報提供や相談、サービス利用の手続きや利用料支払いの援助など
  • 預貯金の出し入れ、公共料金、医療費、家賃等の支払い手続き
  • 定期預金証書、不動産権利証等の重要書類の預かり
利用料
  • 通帳を本人が管理する場合
    1回1時間まで1,500円
    ※1時間を超えた場合は30分までごとに600円を加算
  • 通帳を預かる場合
    1回1時間まで3,000円
    ※1時間を超えた場合は30分までごとに600円を加算
  • 書類等の預かりサービス
    1カ月1,000円

問合せ先

相談支援課 安心サポート担当 成年後見センター福生
TEL:042-552-5027