福生市民生委員・児童委員協議会


このホームページは、福生市民生委員・児童委員協議会の主な活動を紹介しています。民生委員・児童委員とは、誰もが安心して暮らせるように、地域の相談役として厚生労働大臣から委嘱され福祉活動を行う委員です。

🔷8月26日(日)民生委員制度創設100周年福生市記念式典🔷

この紹介文の画像
 当日は、町会・自治会長など地域の方々や退任民生委員など、200名を超える方にお越しいただき、一緒に100周年を祝いました。
 立正大学の蟻塚昌克教授に「民生委員制度100周年の歴史とこれから」と題してお話しいただき、歴代民生委員の方々が、情熱と誇りを持って活動してきた結果、100年ものあいだ制度が続いてきたこと、改めて民生委員の意義や役割の大切さなど、多くの方に知っていただく、良い機会となりました。(掲載日:平成30年9月21日)


🔷9月17日(月)「第33回 幼児の楽しい運動会」のお手伝い🔷

この紹介文の画像
 秋から夏に逆戻りしたかのような厳しい暑さの中、福生市中央体育館において、田園・武蔵野台・熊川の3児童館合同主催の「第33回幼児の楽しい運動会」が開催され、市内在住の可愛い0から2歳児とその保護者、家族を含め総勢120名程と大勢の方が参加し、私たち委員は競技のお手伝いをしました。
 福生市公式キャラクターたっけー☆☆が登場し応援合戦から始まり、歌に合わせて楽しい体操、障害物競争・綱引き・玉入れと、親子の楽しい触れ合いのなか競技が行われました。 最後にパラバルーンで風船を飛ばし、その風船とシャボン玉のおみやげをもらって、また来年も会おうねと笑顔で声をかけながら、事故もなく運動会は閉会となりました。
 この活動を通して「子育て支援」に対する児童館との連携を更に深めることが出来た一日となりました。(掲載日:平成30年9月20日)



🔷9月1、2日(土、日)“ふくふくまつり2018”に参加して🔷

この紹介文の画像
 福生市民生委員児童委員協議会は、福生市福祉センターで開催された「ふくふくまつり2018」に参加・協力しました。
“子ども服交換会”会場は、子どもを見守り隊に預けたお母さんたちの熱気や情報交換で賑わっていました。
また、綿菓子販売は、初日の紅白2色に2日目はメロン味とレモン味を追加したこともあってか、一度に15袋や10袋などの大量購入が相次ぎ、関係者は大童でした。
一方、市内介護施設からの来場者をお迎えし館内をご案内する役割は、十分なおもてなしができるよう事前に車いす研修を実施して楽しみにお待ちしていたのですが、天候不良のため全員来られなくなってしまいました。残念でしたが、手話体験、他の参加者のブース訪問、アトラクション見学、買い物など、まつりの様子をゆっくり楽しむことができました。(掲載日:平成30年9月18日)

 




 

【 お知らせ 】

◇100周年記念活動として、現在福生市が行っている「災害時要援護者登録制度」と「救急医療情報キット配布」を、地域の方々への周知とともに必要と思われる方に登録・配布へつなげる活動に取り組んでいます。

◇昨年9月より福生市社会福祉協議会 広報 (奇数月20日発行)に、コラム【 我がまちの「民生委員・児童委員」】が、毎号掲載されています。

ぜひご覧ください。

◇10月のイベント予告
 10月25日に中央体育館で「高齢者スポーツ大会」があり参加協力します。
 10月28日には福生野球場で「福生ふれあいフェスティバル 健康まつり」があり活動関連の写真やイラストを展示し、ティッシュや絆創膏を配布しますので是非お立ち寄りください。
 


 ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽

こんな時、1人で悩まず「民生委員・児童委員」にご相談ください!

  ◎子どもが不登校に
  ◎近所の子が虐待されているかも
  ◎子育てに自信が持てない
  ◎身体が不自由なので何かあったときが心配
  ◎高齢者の1人暮らしで心配
  ◎介護保険の利用方法が分からない

相談の秘密は守られます。ご自宅にお伺いすることもできますのでお気軽にお近くの委員にご連絡ください。

団体情報

団体名 福生市民生委員・児童委員協議会(ふっさしみんせいいいん・じどういいんきょうぎかい)
住所 〒197-8501 東京都福生市本町5 福生市役所 福祉保健部社会福祉課内
TEL 042-551-1522(直通)社会福祉課庶務・福祉計画担当
心配ごと相談 福生市福祉センター1階 第2水曜日/午後1時~3時
※相談料は無料です。
子育てサロン「はとぽっぽ」 扶桑会館(ふそうかいかん)第2金曜日/午前10時~正午 
住所 福生市福生1069-1 電話 042-552-6717