特定非営利活動法人

海外に子ども用車椅子を送る会


子ども用車椅子の収集

この紹介文の画像
日本における肢体不自由児は車椅子に頼って生活しているが、体の成長とともに2~3年で乗り換えをしている。その金額は15万から25万円もするが、その価格のほとんどは公費である。東京都における現状では、使用された車椅子は廃棄処分されている。当会では、車椅子の業者、養護施設を通じて収集し、整備をして洗浄、整備を行っている。

海外へ車椅子を送り出す

この紹介文の画像
海外には子ども用車椅子がない国が多い。高額であること、国から補助金が少ないことで、乗れなくて苦しんでいる子がたくさんいる。彼らに少しでも移動の自由を提供するために、当会からアジア各国に送りだしています。今までに
マレーシア、韓国、インドネシア、ベトナムの子どもたちに贈呈してきました。今後、東欧のブルガリア、アフリカ・タンザニアに送付する予定です。

車椅子の授業

この紹介文の画像
健常の子どもは車椅子に触れる機会が少ない。今後、日本における少子高齢化の波を予想すれば、車椅子に頼る人が多くなるであろうことが予想できる。実体験で車椅子に乗り、ドアの開閉が難しいことや、段差の乗り越えのつらさを味わうことでバリアフリーについて考えてもらっています。

団体情報

団体名 海外に子ども用車椅子を送る会(かいがいにこどもようくるまいすをおくるかい)
住所 福生市熊川979 交運社熊川工場内
TEL 042-553-2342 代表 森田
Eメール
ホームページ http://www.kaigaikurumaisu.org/
当会の目的、活動実績、活動場所などをご紹介しております。
活動日 毎月第3日曜日
営業時間 10:00~16:00
駐車場 30台 整備工場の横に広大な駐車場がございます。