災害ボランティアセンターについて

災害ボランティアセンターって何?

震災時や風水害などの災害発生時には、被災地内外から支援に駆けつけるボランティアの力が被災地の復旧・復興のためには欠かせない大きな力となっています。
その際に支援を必要とする人々とボランティア等を結びつけ、ボランティア活動を効率よく進めていくための役割を担う機関です。

福生市では、どこに設置されるの?

災害時の効果的なボランティア活動をするため『福生市』と『福生市社会福祉協議会』は、『災害時におけるボランティア活動等に関する協定』を結び、

  1. 多摩地域に、震度5以上の地震が起きたとき。
  2. 福生市災害対策本部が設置されたとき又は警戒宣言が発せられたとき。
  3. 前各号に掲げる場合のほか、福生市が設置を必要と認め、設置の要請をしたとき。

に≪福生市社会福祉協議会≫が設置します。
 原則、福生市福祉センターが設置場所となりますが、災害時の状況で福祉センターに設置出来ない場合は、別の場所に設置される場合があります。

災害ボランティアセンターの活動内容は?

平常時の活動について

 福生市社会福祉協議会の組織の中には≪ふっさボランティア・市民活動センター(FVAC)≫が設置されており、平常時においては通常のボランティア・市民活動に関する支援と共に下記の活動を担っています。

  • 市民の方などを対象に、『災害まちあるき訓練講座』など災害に備えていただくための講座や災害ボランティア養成講座などを開催し、災害に対する普及啓発を行っています。
  • 他地域で起きた災害に対し、被災地支援に行かれる方たちのボランティア保険加入の受付や、必要に応じた情報の収集・提供なども行っています。
災害時の活動について
  • 被災地のニーズの把握
  • 災害ボランティアの募集、市内外のボランティアの受入及びコーディネート
  • 災害ボランティア活動に必要な資機材などの貸出
  • 福生市をはじめとする様々な関係機関との連絡調整
  • そのほか、必要と認められる活動
災害まちあるきちらし
PDFファイルをご覧になるためには、対応したアプリケーションソフト「Acrobat Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobe(アドビ)社のホームページで無料配布されていますので、下記のリンク先から、説明に従ってダウンロードし、インストールを行なって下さい。
Acrobat Readerのダウンロード