ボランティア活動を始めるには

これから活動を始めたいという方へ。

どうしたら活動できるの?

ボランティア活動とは?

ボランティア活動とは、自発的に、他者や社会のために、金銭的な利益を第一に求めない活動のことです。また、誰もが暮しやすい豊かな社会を目指して、さまざまな人や団体とつながり、ネットワークをつくりながら、社会の課題の解決に取り組む活動です。

ボランティア活動4つのポイント

1.自主性 ・ 主体性

個人の自由意志に基づいてなされる活動で、他から強制されたり、義務として押し付けられたりするものではありません。

2.社会性 ・ 連帯性

だれもがいきいきと豊かに暮らしていけるように、お互いに支え合い学びあう活動です。

3.無償性 ・ 無給性

金銭的な報酬を期待して行う活動ではありません。でも、金銭では得られない出会いや発見、 感動、喜びを得ることができます。

4.創造性 ・ 開拓性 ・ 先駆性

今、何が必要とされているかを考えながら、現状に甘んじることなく、いつでも見直してアイデアを出し合いながら進めましょう。

活動先ではこんなことに注意しましょう!!

・あいさつと返事をキチンとしましょう。

あたりまえのことですが、活動先の職員、利用者、お客さんなどに大きな声で元気にあいさつしましょう。

・相手の話をよく聞きましょう。

活動先の職員の方のお話はきちんと聞きましょう。ボランティア活動するうえで大切なことがたくさんあります。

・わからないことは質問しましょう。

活動先でわからないことや不安に思うことがあったら、職員に質問をしてください。

・活動中は友達とふざけたり、私語などはしないようにしましょう。

なんのためにボランティア活動にきたのか、もう一度考えてみましょう。

・連絡や報告をしましょう。

急に休むときや遅れるときは、必ず活動先に連絡しましょう。

・携帯電話について

活動中は持ち歩かないようにしましょう。緊急な連絡などが入る予定で持っていなければならない時は活動先の方に報告し、マナーモードにしましょう。

・勝手な行動はやめましょう。

活動先によっては、児童やお年寄り、体の不自由な方などがたくさん利用しています。勝手な行動をとって利用者に迷惑がかかったり、危険な目にあわせてしまったり、団体の活動に支障をきたしたりしてしまいます。指示をよく聞いて活動しましょう。

ボランティア活動の分野

・福祉

高齢者、障がい者、子どもたち、さまざまな生活課題を抱える人などへの支援

・医療・保険

病院での活動、心に病を持つ人への支援、相談活動

・国際協力

海外協力、在日外国人への支援や交流、難民支援

・自然・環境

自然保護、里山保全、リサイクル活動

・教育関係

学校教育、社会教育・生涯学習活動への協力

・芸術・文化

美術館・博物館での活動、地域文化の保全・育成

・スポーツ

スポーツ活動への支援、障がい者スポーツへの参加・協力

・災害支援

防災活動、災害時の救援・支援活動

・まちづくり

都市計画や公共施設建築などでの市民参加、福祉マップづくり

・人権

ドメスティクバイオレンスの被害者女性への支援、知的障がいをもつ人などへの権利擁護。
このように様々な分野がありますが、あげればきりがありません。けれどもこのような
分野にそこに暮す方がだれでも参加できるようにすることが、[誰もがいきいきと住す
みやすいまち]であり、それを実現していくのが我々市民の力ではないでしょうか。

最近よく聞くあの言葉

市民活動とは

 「市民活動」はよりよい社会づくりのための市民やボランティアが中心となって活動をたちあげた、自発的・主体的な非営利の活動といえます。市民活動を進める際、多くの場合、団体の活動の維持を目的として有給の事務局職員を置きながら、サービスを有償で提供しています。こみうして得た収入は、営利企業が利潤を追求しその利益を出資者に配分するのではなく、市民活動団体がその理念(ミッション)に基づきながら、目標を達成するために行う活動の財源として企てられています。また、サービスを無償で提供し、活動を維持するための財源として寄付金を集める市民活動団体もあります。

NPOとは

 「NPO」はNon-Profit Organization(非営利組織)の略で、企業(Profit Organization)と対比される用語です。営利を目的とせず、社会的な使命(ミッション)を持った民間組織のことで「民間非営利団体」と呼ばれる場合もあります。
 広義のNPOの中には、社会福祉法人、学校法人、医療法人などの公益法人を含みますが、狭義のNPOは、市民たちの自発性に基づくボランティアグループや市民活動団体といった組織を指すことが一般的です。また、こうした市民活動団体の中には特定非営利活動促進法(NPO法)に基づく法人格を持つ組織(特定非営利活動法人、通称ではNPO法人)もあれば、法人格を持たない組織もあります。

NPO法とは

 1993年3月に制定され、同年12月に施行された特定非営利活動促進法のことを通称でNPO法と呼んでいます。この法律によって、民間非営利組織が法人格を取得し「組織」として社会的な契約を結ぶことがしやすくなりました。また、2001年10月より、特別に認定されたNPO法人(認定NPO法人)に寄付したものは税金の控除が受けられるといった税制上の優遇措置が受けられるようになりました。

NGOとは

 NGOとは、Non-Governmental Organization(非政府組織)のことです。もともとは国連憲章の中で使われている言葉で、NPOと同様に営利を目的とせず社会的使命を持つ「民間非営利団体」のことですが、行政からの独立性や異質性をより強調した表現と言えます。諸外国においては、NPOと同じ意味で使われることが多く、日本においては特に、国際協力や環境保護を行う市民活動団体をさす傾向があります。