ひまわり日記2015③「カラフルな糸ができました♪」

梅雨入りが発表されてからは、雨の日が続く毎日。
福祉センターで育てているひまわりたちも、雨に濡れてちょっぴり寂しそうです。
それでも花を咲かせて、太陽がいっぱいの夏を待っているようです。

    

今年も、ひまわりの葉やいろんな花を使って糸を染めました。
昨年はきれいに染まったので、今年はうまく染まるかドキドキです。

最初に、白糸をきれいに洗うため一回煮ます。大きい葉や花びらは細かく刻み、
鍋で煮だした後にこして、色素を取り出し染め液を作ります。

    

染め液で染まった糸は深緑色ですが、媒染液に入れたあとにもう一度煮る工程を
終えると、きれいな黄色になりました。

  

カラフルな糸を使って、「夏!体験ボランティア」に参加される皆さんと一緒に
編みあげ、手芸作品を作る予定です。どんな素敵な作品が出来るか、今から楽しみ
です!!

ひまわり日記 2015 ②「花の蕾ができました!!」

梅雨入りをして、長雨の季節となりました。
福祉センターの正面玄関前と屋上で育てているひまわりたちも、時よりの日差しを
受けて大きく育っています。

     

芽吹いた時は小さいひまわりでしたが、今では大きな葉を広げています。
ひまわりの先端をよ~く見てみると、花の蕾ができていました。
まだまだ赤ちゃん蕾ですが、大きな花を咲かせてくれることでしょう。

     


			

ひまわり日記 2015 ①「大きく育つ事を期待して」

 FVACでは、今年も福島県南相馬市にある障がい者福祉施設へ≪ひまわり
の種≫を届けるため、『ひまわりの種里親ボランティア』を行っています。
福祉センターでも、正面玄関前と屋上を使って育て始めました。

     

 種を植えてから数日が経ち、土からは小さな芽が出てきました。ぐんぐんと
力強く育っていき、大きなひまわりの花が咲いてくれる事を期待しています。

 今年も多くの方から、「自宅でひまわりを育てたい」と声をかけていただき
ました。皆さんと一緒に、大きなひまわりの花を育てていきましょう。
 なお、まだまだひまわりの種がありますので「今年はやってみようかな…」
と思われましたら、FVACまで。

皆さんに寄付していただいた≪使用済み切手≫を届けました。

   

 福生市社会福祉協議会では、多くの市民の皆さんにご寄付いただいた≪使用
済み切手≫は、「切手整理ボランティア」によって整理していただいています。

 今回、これまでに整理された切手を青梅市にあります盲老人ホーム「聖明園」
に届けました。

 皆さんのご自宅に≪使用済み切手≫がございましたら、福祉センターへお持ち
ください。今後も、皆さんのご協力をお願いいたします。

今日という日

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就業時間前に福祉センター前で見上げた空は

河津桜の薄紅色とあいまって、遠く透き通るような青でした。

3月11日

多くの方々が様々な想いを胸に、今日という日を迎えられているのだと思います。

2月28日(土)の災害・防災講演会では、多くの皆さまにご参加いただきました。

今後も引き続き、情報発信や講座実施などに努めてまいりたいと思います。

宜しくお願いいたします。

今年も元気良く!! FVACをよろしくお願いします

新年明けましておめでとうございます。
今年のお正月はいかがでしたか?

今年は1月5日(月)から、FVAC職員全員気合いを入れて、仕事を
始めました。
昨年は、ボランティア・市民活動団体の皆さんや地域の方々から、
多くの御支援・御協力をいただきました。おかげさまで、無事に
過ごすことができました。心より感謝申し上げます。
本年も、活動される皆さんと共にボランティア・市民活動の活性化に
努め、より活動しやすい地域になるよう、センターを運営していき
たいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。


			

年末年始のお休みについて

クリスマスも終わり、新しい年を迎える準備に忙しい時期となりましたが、皆さんは
いかがお過ごしでしょうか。

福祉センターは、平成26年12月29日(月)~平成27年1月3日(土)まで、
お休みとなります。
ふっさボランティア・市民活動センターは、12月27日(土)から職員不在となり、
1月5日(月)から通常業務となりますので、ご了承ください。

今年も、ボランティア・市民活動に関われている、多くの方々にご支援とご協力を
いただき、事業を行う事ができました。
来年も、皆さんと笑顔で一年を過ごしたいと思いますので、よろしくお願いします。

福丸から「来年もよろしくね!!」


			

南相馬応援ツアーに行ってきました。

 今年も、福島県南相馬市の皆さんを応援するため、11月10日・11日の
2日間で行ってきました。

 1日目は南相馬に到着後、南相馬ファクトリー代表「えんどう豆」の佐藤定広
さんと利用されているお2人に来ていただき、ひまわりの種約70kgを直接お渡
しました。また、ガーデンパーティー~FVACの集い2014~などでお預かり
した寄付金、ボランティアの方が編んだミサンガも一緒にお届けしました。
 その後、佐藤さんから震災直後の状況と現在の活動について、映像と共にお話
いただきました。

ひまわりの種をお渡ししました ひまわりの葉と花で染めた糸を使ったミサンガを渡しました 「えんどう豆」佐藤さんからお話を聞きました。

 夕方は、寺内塚合第二仮設住宅の皆さんと、集会場をお借りして交流会を行い
ました。今回は、食事班と工作班に分かれて準備を進めました。食事班は、仮設
住宅の皆さんとけんちん汁と焼き餅を作り、約100人分を準備しました。また、
工作班は南相馬のキャラクター「のまたん」と、福生市社協キャラクター「福丸」
の貼り絵を作成しました。
 その後、ひょっとこ踊りなどを現地の人と一緒に踊り、交流会はとても楽しい
時間となりました。

現地の皆さんと、けんちん汁作り


参加した皆さんと記念撮影


 2日目は、農業を通して就労支援を行っている「サラダ農園」を訪問しました。
特定非営利活動法人「JIN」代表の川村博さんから、お話を伺うとともに農園の
紹介をしていただきました。
 被災した当時の想いや今現在の状況について、とても貴重なお話を聞く事が
出来ました。

「JIN」川村さんからお話を聞きました


サラダ農園の畑を見学


 今年も、多くの方のご協力をしていただき、南相馬の皆さんへ気持ちを届ける
事ができました。ありがとうございました。
 今後も、南相馬の皆さんに寄り添い、一緒の気持ちになりながら支援していき
たいと思っております。引き続き、ご協力のほど、よろしくお願いします。

「福生市災害ボランティアセンター開設及び運営訓練」を実施しました

 10月19日(日)午前8時30分から、福祉センターを会場に実施しました。
訓練当日は、ボランティアの方を含めて182名が参加しました。

 今回の訓練では、福生市総合防災訓練の一環として、福生市に震度6弱の地震が
発生したことを想定し、それぞれの役割(ボランティア受付班、ニーズ班、マッチ
ング・送り出し班、災害要援護対応班、総務・広報班)に分かれ、それぞれの動き
を確認しながら訓練に励みました。登録団体の福生一中おやじの会、こころーどの
皆さんが、ボランティア役で参加していただきました。
ボランティア受付の様子 様々なニーズの連絡を受けて ボランティアの皆さんに説明

 ニーズ把握の訓練を行うため、民生委員・児童委員協議会、サンシャインビラ、
第2サンシャインビラの方から電話での依頼相談というかたちで、訓練にご協力い
ただき、実態調査では福生団地福祉地区さくらグループの方と共に情報発信とニー
ズの掘り起こし訓練を実施しました。またセンター開設を伝えるために、手話サー
クル福手の会の皆さんと一緒に、防災訓練全会場(市内小・中学校)と福生市内を
車で回り、多くの方に案内をしました。
 当日は炊き出し訓練も行い、参加者全員にアルファ米を使用したおにぎりと豚汁
を試食しました。調理等の準備は、そよかぜの会の皆さんにご協力いただきました。
炊き出し訓練で豚汁を作りました     参加者全員で試食しました

ひまわりの種 里親ボランティアのみなさんへ

ひまわりの種の回収方法について

 ひまわりの種 里親ボランティアの皆さんから「種が黒くなって、下を向いてきた」と、
声を聞くようになりましたので、そろそろ採種ができる頃かと思います。

 ひまわりの種の受付については、10月5日(日)開催の『福祉まつり2014』から
開始いたします。御持参いただいた方につきましては、南相馬ファクトリーへのメッセージ
を記入していただきたいと思いますので、ぜひよろしくお願いいたします。
 集まったひまわりの種は、受付期間終了後に福島県の南相馬ファクトリーへ直接届けたい
と考えおります。

ひまわりの種の採種方法
①開花後、40日位経って花の裏側が黄色~茶系色になり、種が乾燥した頃が適期です。
 花柄(茎)のところからハサミで切り取ります。切り取ったら、種についている花を
 取ります。
 ※切り取る時は、2日続けて晴天の日にして下さい。前日大雨などで花が湿った状態で
  刈り取ると、カビが生えてしまう確率がかなり高くなるそうです。
          花柄(茎)のところからハサミで切り取ります

②風通しの良いところに新聞紙やシートを敷き、刈り取った花を並べて、数日間乾燥
 させます。まんべんなく乾燥させないとカビが発生し、せっかくの種がダメになって
 しまいます。
          数日間乾燥させます。

③カリカリに乾燥したら種子とりをします。手でトウモロコシを取るように収穫して
 ください。種を取りずらい場合は花を割ると取りやすくなるようです。
   カリカリに乾燥したら種子とりをします。     手でトウモロコシを取るように収穫してください。
 
福祉センターにお持ちの際は、種子(タネ)の状態にしてお持ちください。