今日という日

あの日、普段と変わらない日常の中で皆さんは何をして過ごされていたでしょうか?

5年前の3月11日の金曜日の午後。

ふっさボランティア・市民活動センターでは、災害まちあるき訓練講座を実施中で、地域の参加者と奥多摩街道周辺を歩いている最中でした。

熊川駅近くの遮断機は開かず、電話はつながらず、わが家への帰宅すら困難になりました。

『災害』の恐ろしさを痛感し、同時に自分たちは何をすべきか考えた方も多かったのではないでしょうか。

今日という日に、多くの方がそれぞれに様々な想いを感じていることと思います。

ふっさボランティア・市民活動センターでは、今後も皆さんと共に様々な取組みをすすめていきたいと思っています。宜しくお願いいたします。