福生ひょっとこ連


ひょっとこ踊りとは

昭和45年ころ、祭囃子の山車の上で踊られるおかめやひょっとこの踊りを簡略化して青梅で生まれました。昭和46年ころ、瑞穂町で祭囃子のニンバのリズムに合わせて3通りの”振り”で踊られるようになり今日に至り、福生では福生七夕まつり、ふっさ桜まつりで踊られるようになりました。

活動

現在会員は小、中、高、専門学校生や大人の計13名。週一回、踊り、太鼓、鉦のリズムを練習しています。ふっさ桜まつり、七夕まつり、市民文化祭、公民館のまつりや横田基地内のJ・K・メンデル小学校の文化交流や瑞穂サマー フェスティバル、瑞穂産業まつりに参加。各種介護施設への訪問も行っています。

団体情報

団体名 福生ひょっとこ連(ふっさひょっとこれん)
住所 福生市熊川1344-23
TEL 042-552-7015
FAX 042-552-7015
活動日 毎週土曜日
活動時間 午後7時~9時