福生社協ってどんなとこ?

社会福祉協議会は、福祉に関心をもつ住民の方々や、地域において福祉サービスを担う方々が会員となり、社会の動向やニーズの変化に対応して地域の福祉課題を解決し、地域福祉を推進していく公共性の高い住民参加型の団体です。
平成12年6月に成立した社会福祉法第109条により、「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」であることが明記され、
(1)社会福祉事業の企画・実施
(2)社会福祉活動への住民参加の援助
(3)社会福祉事業に関する調査・普及・宣伝・連絡・調整・助成
(4)上記事業のほか社会福祉事業の健全な発達を図るために必要な事業、を行うこととされており全国、都道府県・政令指定都市、市区町村にそれぞれ設置されています。社会福祉協議会は略して「社協 」とも呼ばれています。

これからの社会福祉協議会には、地域福祉推進の中核として、「住民主体」という活動原則に基づき、地域住民のほか行政、町会・自治会、民生委員・児童委員、保健、医療、教育関係機関、公私の福祉関係団体など、広範な組織との連携・協働のもと地域福祉の向上、地域のコミュニティづくりに取り組むことが求められています。

福生市社会福祉協議会は、地域の人びとが住み慣れたまちで安心して生活することのできる「福祉のまちづくり」の実現を次の理念を基にめざしていきます。

理念
  • 共に参加し、支え合い、自立した生活ができるまちづくりをめざします。
  • 潤いと温もりに満ちた、活力にあふれたまちづくりをめざします。

社協組織

福生市社会福祉協議会は、会員の方々を基盤に、執行機関としての理事会(15人)、議決機関としての評議員会(40人)が組織され、町会・自治会、民生委員・児童委員協議会、行政、保健医療、学識経験者、福祉団体、ボランティアの各種団体等の代表者で構成され、市民の声が反映される仕組みになっています。

また、事務局の組織は、地域推進課、相談支援課、通所事業課の3課制を敷いており、事務局長以下、正規職員32人、嘱託職員22人、非常勤職員64人の計118人(平成28年4月1日現在)で業務を実施しています。

 

福生市民生委員・児童委員協議会について

民生委員・児童委員は、誰もが安心して暮らせる様に、地域の相談相手として、厚生労働大臣から委嘱され福祉活動を行う委員です。それぞれの担当地域を持ち、皆さんの相談をお受けしています。

福生市には現在51名の民生委員・児童委員が活動していて、そのうち、主任児童委員の4名は、児童福祉のご相談を専門に受けています。

民生委員・児童委員は、支援を必要とする人の立場に立って、親身にご相談に応じます。

福生市民生委員・児童委員協議会ついてはこちら

町会・自治会について

町会・自治会は、地域にお住まいの方たちが組織する、より住みやすく豊かな地域づくりを目指して活動している自主的な団体です。現在、福生市内には32の町会・自治会があり、各町会・自治会がそれぞれ工夫を凝らして、日常生活に密着し、より住みやすく豊かな地域づくりのために、互いに「支えあい」ながら、地域に「にぎわい」「うるおい」をもたらす、さまざまな活動をしています。

福生市町会長協議会についてはこちら

問合せ先

地域推進課総合運営担当
【TEL】042-552-2121
【相談窓口時間】月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで
※土曜・日曜・祝日・年末年始を除く